ブログ書くの遅くなってしまいましたが、この度アワセル5thアルバム”VEKTOR”が発表されました!
何と今回はフリーダウンロード……!無料!只!!ロハ!!!

 

 

 

 

すでにたくさんの方にお聴き頂いているようでありがとうございます。
もし宜しかったらご感想を書いて頂けるアンケートフォームがありますので、宜しくお願いいたします。

もちろんツイッターとかFacebookにてお書き頂いてもかまいません。
お褒めの言葉、厳しいお言葉、何なりとお願いいたします!

さて、今回フリーダウンロードにしましたのは、大きい意味で2つの意味がございます。

ひとつめは、これまで応援してくださったアワセン・アワセラー(リスナーの方々)への感謝の気持ちと、発表が遅れてしまったことへのお詫びの気持ち。

もうひとつは、まだアワセルを聴いたことがないという方々に是非一度でも聴いて頂きたいという気持ちです。
今回初めてお聴きくださった方々、アワセルの世界はいかがでしたか?
アワセルはシングルヒットよりも、どちらかというと、アルバムやライヴ全体を通して世界を感じてもらえるアーティストになりたいと常々思っています(ライヴはなかなか実現しませんが)。
なので、今回このようにアルバム全体をフリーダウンロードにしてみた次第です。

もしこのVEKTORを気に入って頂けたのであれば、他のアワセルのアルバムにも手を出してみてください。
アワセルは今まで4枚のオリジナルアルバムを出しています。それぞれiTunes storeでお求めになれます。

いやいや、いきなりアルバムまでは…という方にはシングルもちゃんと出ておりますので、そちらをどうぞ(^ ^)
僕なりに各アルバムの聴きどころをまとめてみます。試聴だけでもしてくれたらウレシイです!

1stアルバム”TRY-TONE”
2013年4月21日リリース
4曲のシングルを収録しつつ、各メンバーの個性的なインスト作品、20分を越えるプログレ作品なども収載した意欲的な作品です。CDの最長収録時間80分ギリギリの全12曲。シングル4曲についてはアルバムならではのRemixがノンストップで収録していますが、やはりこのアルバムのハイライトは3部作で20分を越える「Mother Rock」かと思います。エレクトロで叙情的…プログレッシブなアワセルをお楽しみください。

 

 

 

2ndアルバム”OC2”
2014年1月11日リリース

1stの大作主義から一転…いかに聴きやすい作品を作るかということを考えてみたセカンドアルバム。タイトルも分かりやすくワンワードになってます。特に意識したのがA面はエレクトロチューン、B面はバラード中心に並べてみました。ライヴの最後で演奏した「Lullany」がもう一曲のTKBバラード「EYES」と共に大変人気でした。

 

 

 

3rdアルバム”UNROCK”
2014年10月5日リリース

アワセルといえばエレクトロだというイメージがあって、でも実はロックな一面も持ち合わせているので(特に僕は)、3人の凄腕ギタリストをサポートミュージシャンに迎えた激しいアルバムです。でもアワセルがやるとただのロックじゃない、ロックに限定されない…ということで”アンロック”というタイトルを付けています。最初に作ったのは「TONIGHT」だったのですが、このアルバムのコンセプトをよく表している曲で気に入ってます。マネージャーに贈った「Sweet Rain Blue」もオシャレで気に入っています!

 

 

 

4thアルバム”FORCE”
2015年12月25日リリース

3枚のアルバムを作り終えたわけですが、いままで色々なジャンルを一通りやって、たどり着いた感じです。今までよりも良い意味で力が抜けていて、3人の個性も程よく、とてもアワセルっぽくて気に入ってます。聴きやすくもあり、聴き応えもあり…って感じでしょうかね。「レトロムーン」とか、それに影響された「ダーリン」とか、ちょっと期待外れ?みたいな感じを受けた方もいたかもしれませんが、これはこれでアワセルの一面として僕は気に入ってます。あと個人的には「エーテル」はずっと前から温めてた曲なので、完成して嬉しかったです。本当はFORCEとVEKTORを同時に出すくらいの感じで考えていたので、もし良ければ2枚組のつもりで聴いてもらえたらウレシイです。

 

 

番外編”LIVE UNCALL”
2015年12月16日リリース

FORCE発売記念に、それまでのアルバムから選曲された自称ライヴ音源です。完全なベスト盤という感じではなく、「裏ベスト」という感じでしょうか。オリジナルのアルバム音源とは違うテイストで楽しめると思います。個人的には「CANDY」とか「iDentity」とかライヴならではのアレンジを聴いてほしいです。ここでしか聴けないTKB弾き語り「街路樹」もぜひ!こちらはCDパッケージのみの販売になっています。特別アルバムということで価格も安めになってますので、アワセル入門者はぜひ!

 

 

 

という感じで、アルバムの聴き所を一通り書いてみました。あんまり聴き所になってなかったかも…

もしよろしければyoutubeでも頑張って作ったPVがたくさーん見れるので、見てみてください!

投稿者プロフィール

RUY
RUYPiano & Organ
プロデューサー&リーダーとして鍵盤楽器を自在に操り、類い稀なセンスと熱意で楽曲を作り上げる。
70年代を思わせるプログレッシヴなオルガンプレイにはファンも多い。