Tokyo, Nagoya, Fukuoka – 地理的に離れた3人のメンバーがオンライン上で活動している音楽ユニット"アワセル"のオフィシャルサイト

UNROCK

Welcome to OURCELL.net !!!

UNROCK 2014.10.05

それまでのアワセルの音楽性を解錠することを目的に制作されたサード・アルバム。三者三様のサポートギタリストを迎え、ロックではあるが、ただのロックではないアルバムが完成。

No収録曲
SIDE-A
1Key of Ekstasis
作詞:RAY/作曲:RUY/編曲:OURCELL
2TONIGHT
作詞:RUY/作曲:RUY/編曲:OURCELL
3ASAP
作詞:RAY/作曲:K2R/編曲:OURCELL
4PHANTOM
作詞:RAY/作曲:K2R/編曲:OURCELL
5Another Blue
作詞:RAY/作曲:TKB/編曲:OURCELL
SIDE-B
6Sweet Rain Blue
作詞:K2R/作曲:TKB/編曲:OURCELL
7Lonely One
作詞・作曲:K2R/編曲:OURCELL
8Find the Way
作詞:RAY/作曲:RUY/編曲:OURCELL
9Avenir
作詞:RAY/作曲:RUY/編曲:OURCELL
10TIME UP
作詞・作曲:TKB/編曲:OURCELL

Credit

All tracks arranged by OURCELL

OURCELL

  • RUY on Organ, Piano, Synthesizer, Backing Vocal
  • TKB on Lead Vocal, Synthesizer
  • K2R on Synthesizer, Backing Vocal, RAP, DJ

Support member

  • Yu-G on Guitar(M-01,09)
  • Ayumour on Guitar(M-02,05,10)
  • KUSH on Guitar(M-04,06,08,10)

Art Design, Management

  • EMK@Kovtech Entertainment

Produced by Ruy Nakayama

℗©2014 OUTATIME RECORDS

メンバー&サポートミュージシャンによるセルフ・ライナーノーツ

Key of Ekstasis

RUY
とある伝説的なバンドのライヴに刺激されて作った曲だね。これは熱い!ギターもすごいからお楽しみに。

TKB
骨太でロックっぽい雰囲気。歌もシャウトしているし、とにかくギターがズンズンと曲を引っ張る感じがたまらない。

K2R
ロックなんだけど、すごくアワセルらしいサウンドだね。オープニングを飾るのにふさわしい重量感です!

TONIGHT

RUY
3月のライヴが終わってすぐに作った。とにかく最初のリフが勝負だと思ったんだ。

TKB
イントロ勝負な感じで、出だしの届けたいto Youの言葉も本当にピッタリハマったと思う!

K2R
とにかくリフが耳に残って、アワセルのロックな面がうまく表現できた一曲だと思う。

ASAP

RUY
誰か変なインドみたいな曲だなって言ってたけど、とにかく今度の曲たちは洋楽的にイントロが良いんじゃないかな!

TKB
メロディラインがとにかく予想つかなくてボーカロイドにでもなった気分で歌った曲です。そういうニュアンス伝わるかな。

K2R
アワセル流EDMを表現したいと思って作った曲。アルバムの中では異色な一曲になったかな。

PHANTOM

RUY
80kidzみたいなの1曲頼むよって言ったら予想以上にスゴイのが来た。アレンジと歌詞も新しくておもしろいね。

TKB
デモの時からインパクトあったけど、ちょっと変わった曲調にうまく不思議な歌詞が乗ってクセになる一曲な気がする。

K2R
いつもオケから曲を作るんだけど、メロディがなかなかできなくて苦労したけど、インパクト感はでたかな。

Another Blue

RUY
こんな曲アワセルにあるんだって感じで、すごく気に入ってる。最初にTKBからデモが来たときはしびれたね。

TKB
この曲の原型は10年以上前からあったんだけど、ようやく形にできた気がする。善し悪しの判断はもうつかないけど!

K2R
けだるいロックというか、アンニュイな感じもあるけど、なってる音の中にはインダストリアルな側面もあったり、何度も聞きたくなるね。

Sweet Rain Blue

RUY
マネージャーの誕生日に捧げた曲だけど、あまりにも名曲だったのでアルバムに収めることにしたよ。

TKB
曲ができるまでにかなりボツを重ねた苦労曲。雨の季節に思い出してもらえる曲になれたら嬉しいな。

K2R
強さも弱さも、紙一重でそれは誰も一緒だと思うんだけど、そんなニュアンスを表現した曲だね。

Lonely One

RUY
念願叶ったK2Rバラードがやっと3rdアルバムにして陽の目を見たね。狙ってるのか分からないけど、とにかく転調しない時がないんだ。

TKB
かなり転調しててヴォーカル泣かせ。でもそこがありきたりじゃない曲調に繋がって名バラードになれる予感がする。

K2R
転調が変態的って言われてる一曲なんだけど、バラードを作るの苦手なのはかわらないね。王道なアワセルバラードの一曲になってくれたらと思う。

Find the Way

RUY
実はとあるPOPでプログレッシブなバンドに影響を受けてるんだけどね。新しい音も鳴ってて、今回個人的にイチオシの曲かな。

TKB
切々としたメロディの良さをとにかく表現したかった。ファルセットを多様してかなり苦労したけど大好きな曲になった。

K2R
曲も歌詞も切なすぎて泣けるよね。空をみつめて昔の恋人のことを思い出したりしてくれたらと思う。いい恋してる?笑

KUSH
この曲僕も参加させてもらったんだけど、僕も凄く苦労した。最初デモ貰ったときマジ?アワセル、マジなの?って思った。ちょっとうれしくもあった。苦労の甲斐はあったと思う。やるよねアワセル(笑)。

Avenir

RUY
ふとサビのメロディーが浮かんで、これは名曲になるぞって想った。流れるように完成したよ。歌詞も気に入ってる。

TKB
AメロとBメロ&サビとの対比を意識して歌った。歌詞もいろんな人生に重ねられると思うけど前向きに捉えてる。

K2R
この曲は映画のサントラ聞いてるみたいにドラマティックだよね。切ない曲だよね。

TIME UP

RUY
ライヴが楽しみな1曲だね!アワセルでは初めて2人のギタリストがコラボしてる。大音量で聴いてほしいな。

TKB
メロディ全体が何の迷いもなく流れ出てた曲で自分の中での邦楽ロックっぽいイメージを形にした感じ!

K2R
僕出番がないので、後ろでDJ的なSEで盛り上げています!ライブのイメージだよねまさしく!

KUSH
AYUっていうやつとRUYっていうやつとのバトルになったんだが、火花が散りすぎて爆発寸前だったぜ!最近ロックから離れてたけど、眠れる魂が呼び起こされた感じ。ロックが好きなんだよと改めて感じた曲。ライブでやるんなら筋トレしとかないとな。AYUとRUYの二人はきっと脱ぐんだろw。でも実際はK2Rが脱ぐんだけど。

AYU
まったくクレイジーだよ!KUSHはOurcellerには伝説的なギタリストで、オレとは違うスタイルで弾く。彼が弾く音を想像しながらハめていったってワケさ。同じリフでも音の違いがわかるだろ?だが最終的には全てがマッチしていたよ。Ruyにはわかってたってコトさ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © OURCELL All Rights Reserved.